事業承継に関するニュースと情報のまとめサイト

親族内には継がせたいと思う人がいません

息子を持つ経営者です。
経営者です。65歳になりましすが、そろそろ事業をだれかに引き継いでもらいたいと考えています。
ただ、親族内には継がせたいと思う人がいません、どうすればいいのでしょうか?

親族内で後継者がいない場合、ほかにいくつかの選択肢が考えられます。

〇親族以外の役員や社員が承継する。
〇外部から後継者を招聘する
〇事業譲渡(M&A)をする
〇会社を解散する。

会社の状況によって、選択肢はいくつかありますが、注意するポイントとしては、親族承継や事業譲渡などだけではなく、いくつかの選択肢の可能性を残しておいて、会社にとって一番メリットがある事業承継の方法を検討することが大事です。

最近は、M&Aが盛んになってきていますが、うまくいかないことの方が多いので、いくつかの選択肢を検討し同時並行で進めていくことをお勧めします。

選択肢をどう上げていくかなど、具体的なやり方聞きたい方は、別途ご連絡ください。